スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車にはねられ逝ってしまったみーちゃん

2008年07月08日 21:35



         8日の早朝、みーちゃんは虹の橋を渡りました

         きんちゃ080430_1802~01



      こんなに早く 別れが来るなんて思ってもみなかったから

      夢を見ているようで・・・


    でもいつも必ずご飯の時間には待っているのに 今日は姿をあらわさなかった。

      おかしいな、何かあったのかなって嫌な予感がしたのが当たってしまった

      とてもとても甘えたで、傍にべったりで人間大好きな子

      いつも心配でならなかったみーちゃん

      先日保護し、里親様の子になったきん茶(とらきちくん)といつも一緒にいた子で

      きん茶と一緒に保護しようか・・・と悩んだ子


      自転車の前かごに入れられ、いつも散歩していたね

      あの時に保護していればと後悔しています


     行くことのない道路ではねられたなんて

     きっと誰かに連れ去られようとして、必死に帰ろうとして車に・・・


     顔でかが逝ってまだ涙が乾かないうちに みーちゃんまでいなくなるなんて


     悲しくって寂しくって・・・

      享年1歳
スポンサーサイト

安楽死という大きな勘違い

2008年07月06日 13:58




         公園近くの ペット不可のマンションで 一人住まいの若い女性が

         近所から仔猫をもらい飼っていたようで

         最近その猫が お腹に腹水がたまる病気になり

         困った女性は保健所に連絡して引き取ってもらったらしい

         そして言った言葉が 『保健所は安楽死で苦しまずに逝けるから』


         その言葉を聞いてあきれてしまった

         元々ペット不可で、病気になった子の治療もしてあげず

         いらなくなったら保健所に渡す

         まるで物扱い、そんな子に猫を渡した人にも腹が立つ
     
      血が通い、痛い、辛い、怖い全ての感情を持った人間と同じ生き物なのに!

        自分が猫と同じ立場だったらどうでしょう

        信頼してた人に裏切られ、そして怖い、痛い思いをして死んでいく



        保健所に連れて行けば安楽死で死ねる

        こう思ってる人も多い


        知ってください!!保健所は安楽死ではありません!!


        ガス室に送られ、窒息させられ苦しみもがいて、そこで死ねなかった子は

        生きたまま焼かれて死ぬのです!!


       人には色々な事がおきることもあります。

        最後まで飼ってあげようと思っていても、家庭の状況、病気などで

        飼えなくなるときもあるかもしれません


        その時は譲ってもらった方に相談するなり、自分で里親を見つけるなり

        して、決して捨てたり、保健所に持ち込むことはしないで欲しいと思います


        努力してそれでも駄目な場合もあると思います


       その時は自分で病院に連れて行き、腕の中で安楽死してあげてください。


       それが飼い主としての、その子に対する愛情だと思います。

       命を人任せにしないという気持ちで飼ってあげて欲しいと願っています。



       この10日程で5匹の仔猫を保護しました。


       どの子も可愛い子です、里親募集したいと思います(^^)


       みけねこ2080627_0820~04



三毛猫の[ミーちゃん]生後2ヵ月半、大人しく甘えたさんです。


        s字路080704_0449~01プール



        [ルル]ちゃん、男の子ですが性格はおとなしく飼い易い子です



           


      
 
         

星になった顔デカちゃん

2008年07月05日 02:20



         昨日(4日)の12時過ぎに顔デカが亡くなりました

         死去2080625_1600~02顔でか



         エイズ、白血病共に陽性で 今年1月頃からいつも風邪を引いてるような

       状態でした、2月の雪の降った日、顔デカは立ち上がれないぐらい悪い状態に

       なったけれど なんとか持ち直した

       ただ口内炎が酷く 食べるのも痛そうだったので 口の中に直接薬を入れ

       食べれるようにはなったけれど いつも口の中から血が流れていた

       

               死去080703_1830~01顔でか



         見る見るうちにやせ細り、毛も濡れた状態で呼吸も荒かった

         今月に入り 足を引きずり歩くのも辛そうだったので

      私も心の準備をし 昨日茂みの中で起き上がれない状態になっていたので

        病院で最期をみとることが出来ました


        まだ2歳半   この過酷な公園でよく頑張りました

        いつもの場所に君がいないことに悲しく泣けてくるけれど

        もう苦しむ事も、虐待を受けることもないんだものね

        顔デカちゃん お疲れ様  そちらで先に逝った子達と楽しく過ごしてね.


   車に乗せた時 私を見ていた顔デカの最後の瞳をずっと忘れないからね

           

       

かおでか080522_0951~02



         顔デカちゃんを応援してくださった皆様

         缶詰めや支援物資を送って頂いた皆様

         本当に有難うございました、心よりお礼申し上げます。




       






        

誰にも看取られず

2008年06月20日 05:02



            昨日は黒猫ちゃんの里親様が決まったので

         気持ちもウキウキしながら犬をシャンプーに連れていき・・・

         そこまではよかったのだけれど・・・

         公園前の大きな通りでキジ猫が道路に横たわっていた

         もう既に冷たくなっていて 何も持っていなかったので取あえず

      家に帰ろうと100メートルほど歩いた所で・・・また猫が道路に横たわっていた

         なんで二匹も?何かあったのか、偶然なのかわからないけれど

         家からタオル、袋を持ち猫の所に・・・・

         公園ネコに関わる前は出来なかったことだけれど
   
      沢山の猫の死と関わったので 道路上で何回も車の下になる事が耐えられず

       人の目も気にならず このような事が出来るようになった

       一匹一匹の命の重さを考えると死に慣れるということはなく

       反対にどのような毎日を送っていたのだろう・・・と思うと辛くなる

       二匹ともオスで痩せてもなく、がっしりとした体格

       飼い猫だったのかもしれない

       いまだに猫が可哀想だからと外に出す飼い主も沢山いる

       だけども本当に可哀想なのはこうして車にはねられたり、病気になったり

      そして猫捕りに捕られたり・・・・

      痛く  辛い思いをするのは猫で 信号も人間の善人、悪人もわからない

      家の中だけで生活させてあげて欲しい

      これからの季節、網戸を開けて外に飛び出す猫もいるので注意をして下さい。

あじさい080615_1106~01
                                             

             

元ボスの謎の死

2008年06月13日 15:13



           今日は 里親様達から写真を一杯送って頂いたので

      皆様にご紹介させて頂こうと思っておりましたが、グレオ君が亡くなりましたので

           急遽記事を変えさせて頂きます。



           早朝 主人が犬の散歩から帰るなり 『たいへんや!!』

           それを聞いた瞬間、猫が車に轢かれたか・・・って思ってしまった私

           家のまん前が公園、その間に交通量の多い道路があって

           一時はよく車に轢かれて亡くなっていたから・・・

           で 主人の次に出てきた言葉は

       『猫が死んでる、かなり大きいみたいや、猫おじさんが袋持ってきて言ううてる』

           やっぱり・・・・どの子が・・・

           公園に行くと猫おじさんが待ち構えていて 場所を教えてくれた

           水道の所にその子は横たわっていた

           一目で『グレオ』とわかった080517_0904~01


           この一帯の元ボス、この子の子供も沢山里親に出た

           去年あたりから喧嘩に負けるようになり、ボスの座をおりた

           今年に入り、足に生傷が絶えずいつも引きずりながら歩いていた

           抗生物質を飲ませてもなかなか治らず、傷の上からまた噛まれるので

           いつもボロボロの状態、そして必ず怪我するのは後ろ足

           これは弱い証拠で、強いオス猫は前足をかまれる場合が多い

           逃げ腰のオス猫は後ろ足を噛まれるようで、それも傷が深い

           ボスの座を譲ってからは こそこそと隠れてる時が多かった

           今のボス『ポンタ』の声を聞いただけで逃げてしまう080416_0840~01ponnta


           ボスの『ポンタ』も生傷が絶えないけれど、必ず前足

        人間には甘えたで 大きな体ですぐに膝の上に乗ってくるし声も可愛い

           でも猫同士の喧嘩の時は凄い声を出す

           ボスの貫禄十分

           今はこのエリアのメスは避妊手術が終わっているので残念ながら?

           ポンタの子孫は残せないけれど

           それでもポンタはメス猫には優しい(^^;)

           でもいつかは『グレオ』のようにボスの座をおりる時がくる

           その時にポンタもグレオの気持ちがわかるのかな(--;)

           グレオはご飯の時も雌猫が終わるまで待っていたけれど

           二日前から姿を見せなかったので心配していたんだけれど・・・

           まさかこんなにあっけなく逝ってしまうなんて


           もっと美味しい物食べさせてあげたらよかった・・・(--)


           グレオごめんよ


           グレオの子供

           ミルク里親さんのアンジちゃんも。。。




           

           


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。